そうぶんしゃ公式ブログ

新刊書籍の情報、著者コラム、話題の本等々お届けします

そうぶんしゃ公式ブログ イメージ画像
新刊書籍の情報、著者コラム、話題の本等々お届けします

2011年07月

門司港で人力車の車夫として活躍されていた長尾修志さんの「魂の人力車」(叢文社刊)が 次々にメディアで報道されています。 山口新聞や中国新聞、朝日新聞などなど。 長尾修志さんは、今は金子みすずの詩を歌うシンガーソングライターちひろさんのマネージャ-。

福島の原発が牛肉問題にまで拡がり、 どこまで被害が増大してしまうのでしょう。 そんななか、日本人が忘れてならない広島と長崎の夏がまた訪れます。 叢文社で「浦上物語」を刊行したのが6年前。 そして、今年、電子書籍英語版としてアメリカで販売されること

ダスカロス講義録より撰集「真理の言葉」 撰者 パナヨッタ・セオトキ-アテシュリ 訳 須々木光誦 A5判 並製 定価2730円 発行 エドコム 発売 叢文社 詳しくは「叢文社ホームページ」の「立ち読み」 または「叢文社のおすすめ本」をご覧下さい。
『ダスカロス「真理の言葉」』の画像

新刊案内 「神聖なるピアノに魅せられてー出会いそしてわが人生」 依田 和彦著 叢文社刊 A5判 上製 定価2100円 叢文社ホームページの「立ち読み」、または ブログ「叢文社のおすすめ本」をご覧ください!
『「神聖なるピアノに魅せられて」』の画像

大震災で津波の被害を受けたグランドピアノが、修理、調律ののち、蘇ったそうですね。 さぞやかし心に響く音を奏でることでしょう。 ぜひ聴いてみたいものです。 さて、叢文社から新刊「神聖なるピアノに魅せられてー出会いそしてわが人生」が発売となりました。

↑このページのトップヘ