愛知県知事が「学校冷房停止」を指示されたそうです。

もちろん節電目的ですが、冷房まったく0というのもいかがなものでしょう。

昨今の夏は熱帯なみ。

こわい熱射病もふせがなくてはなりません。

かくゆう、小社はエアコンがありません。

幸い風通しのよいところなので、夏は出入り口全開でやっているのですが、

それでも真夏は、午前11時を過ぎた頃から、くらくらしてました。

加えてパソコンが出す熱もありますので、体感温度は45度くらいになりますでしょうか。

そんな時はちょっと涼しいところに避難するとか、頭に氷嚢をのせるとか(笑)で

しのぎました。

編集などの作業は、夜、涼しい自宅で。

昼間は簡単な作業を。そんな工夫もしておりました。

今年は冷房を入れようと考えていたのですが、どうも見送りのようですね。

熱帯の国なみに昼寝時間を取り入れるとか、

そんな工夫も必要かもしれませんね。

いずれにせよ、座って授業を受けなければならない学校が冷房なし、というのは無理な話のような

気がします。

政治家の皆様、どうか一日も早く、廉価に全世帯が太陽光発電を設置できるような政策をお考えください。